動画制作で工夫すること

動画制作で、テーマによって工夫する内容が違ってきます。


児童など成長期の人間を相手にしたテーマでは、家庭の様子、外の集団生活での様子など、いつもある様子だけでなく、変わった様子なども取り入れるなど全体的にメリハリがあるものにすることが大切なポイントです。社会人のマラソン大会など競技に関するテーマでは、日頃の練習の風景から本番直前の様子、大会の中継の様子、終了後のひとときの様子など時間ごとにどんなドラマが見られたかを丁寧に描写することが大切です。

お母さんの毎日の様子がテーマなら、家庭での親子の会話、野外でのピクニックなどでの親子の様子など、すてきなお母さん、いつも家族を守ってくれる大事なお母さんの様子がよくわかるようにビデオで撮る必要があります。



このように、動画制作のポイントはテーマによって最低限でも取り入れる内容は何かを理解しておくことがとても大切です。
結果的に、失敗作となった場合は、どの点に配慮をすれば良いのかとかいろいろ見えてきたことをメモして次回につなぐことが出来れば良いです。

朝日新聞デジタルは絶大な支持を受けています。

人の心、社会の様子、毎日の様子などどれをとっても一コマのドラマが意味のある素敵なものであることが見る人に伝わるようにすることが出来れば最高の作品になることでしょう。

他にも、実際にプロのビデオカメラマンなどから動画制作のポイントをいくつか学んで、技術のレベルアップをはかっていけたら、家庭においても学校においても威力を発揮することができるでしょう。