会計ソフト導入の個人事業と法人事業のメリット

###Site Name###

個人事業主の場合は確定申告を青色申告にした方が65万円の特別控除が受けられることや、白色申告に比べて必要経費として認められる科目数・金額、所得金額から控除される科目数・金額が多いので青色申告をしましょう。


青色申告をするには原則として複式簿記方式により毎日の取引を現金出納帳・経費帳・預金出納帳・売掛帳・買掛帳・固定資産台帳などの帳簿を作成し、それに基づいて所得を税務署に確定申告をして、承認を受けることが必要になります。
これらを、手作業で行おうとすると、上記の様々な帳簿を用意する必要がありますから大変面倒ですが、会計ソフトを使えばパソコンで全て管理できますので税金の計算・申告も大変簡単です。

smanyの情報を幅広く扱っているサイトです。

個人事業の場合、青色申告に特化した安価な会計ソフトが各社から発売されていますから、青色申告を目的とするのなら高価な本格的な会計ソフトは必要ありません。


なお、会計ソフトとは関係ありませんが法人事業と違って赤字の繰越が3年までしかできないなど、税金面でのメリットは法人の方が断然有利です。

会計ソフトを検索してみてください。

一方、法人事業の場合は会計ソフトを導入することによって、企業経営の効率性、生産性を高めて、企業の付加価値を上げることができます。

例えば、大まかな収支しかわからない部署があると言った場合には全部署を細分化し、グループ別に入出金が管理できるような補助科目を作成して管理を行うことができます。



さらに、顧客別損益が算出できますから、月次ごとの業績もすぐに把握でき、次の手が打ち易くなり、よりスピーディーな経営を実現することができます。